こんにちは 8月も後半になりました。

何となく、今週は静かでしたね。

山手線はいつものように混雑していましたが、

カジュアルな服装や、大きなスーツエースを持った人が多かったです

******************

 15日(終戦記念日)は1日の予定が終わった後、

友人の事務所に行きました。(電車で約50分)

頼りになる友人で、報告したり相談したりで

あっという間に時間が過ぎました

******************

 外に出ると、すでに日は暮れて夜道は暗い。

「駅まで1人で行けるか?」「大丈夫」と返事をしてみたものの

歩き慣れない道は・・・少し心細い。(と言っても駅まで約5分なんですけどね)

トンネルになった小道を抜けたところに段差があり、

「わっ」 思わずよろけました。

すると前から歩いてきたおじさん(ガテン系の仕事をしている様子)が

「大丈夫かい」と2mくらい先から、大きな声をかけてくれました。

「だっ、大丈夫です 有り難うございます」と答えて、

そのおじさんとすれ違った時、涙が出そうになりました

******************

 何故だろう。。。  友人と真剣に話し合ったので

気持ちが高ぶっていたのかも知れない。

「生きる」について、考えさせられることの多い1週間だったからかも知れない。

何より、おじさんの「大丈夫かい」に、本当に心配してくれる優しさを

感じたからだと思います。

見ず知らずの他人なのに、ころぶかもしれないという現実を目の当たりにして、

心配をしてくれた。

その言葉に、まぎれもない優しさを感じたからです。

******************

 山口県大島で68時間行方不明だった2歳児を救助したおじさんと、

「同じ話し方だ」とテレビを見て驚きました

 この話を後輩にすると、

「私なんて自分のことで精一杯です情けないです」

「それでいいと思うよ。だけど他の人に迷惑をかけたくないよね?もし迷惑をかけたら素直に謝りたい。いつか恩返しできるようになりたいって、私は思う」

「『おかげさま』『おたがいさま』ですね」と元気な声が返ってきました

******************

 誠実でありたいと思いました。(毎日は無理かも知れないけど)

社会で多くの人たちと、つながっていることを忘れないようにしたい。

困難な場面に遭遇するのは自分だけではない。

自分が被害者だと思い混むのは危険だ

そういえば・・・ボ〇シン〇連盟のカリスマ(自称)も78才でしたっけ・・・

色々な生き方があるものです。。。(痛切実感)

投稿者:疋田 幸子
疋田幸子

法政大学専門職大学院イノベーション・マネジメント科修了 経営学修士
法政大学大学院職業能力開発研究所特任研究員
株式会社フロインド代表取締役