春がきましたねともに花粉もたっぷり

さて今月初めから、ブログ更新がインターネット上できなくなっており、しばらくぶりとなりました。

ところで、皆さんは敬語表現に美化語という表現があるのをご存知ですか

言葉の頭に「お」や「ご」をつけて言葉を飾る表現です。

相手の持ち物に対してや動作につける尊敬や謙譲以外で、物に対してつけることによって、上品な雰囲気になるものです。

たとえば、しょうゆに「お」をつけておしょうゆ。みそに「お」をつけておみそ。などのような表現です。

 

しかし、言葉を飾る以外の意味はないのでつけすぎご注意です

ときどきいますよね。なんにでも美化語を付ける人

これには注意点があります。

つけていいもの、良くないもの

しょうゆはいいけどソースはダメ

手洗いはいいけどトイレはだめ

酒はいいけどビールはダメ

着物はいいけどドレスはだめ

基本はカタカナで表す外来語や外国語には付けてはいけません。

むしろ、話し言葉はシンプルに敬語表現はほどほどにです

「美智子ちゃん、おうちでお絵かきばかりしていないで、お外のお砂場でお遊びなさい。」

→「みちこちゃん、うちでお絵かきばかりしていないで、外の砂場で遊びなさい」

 

言葉のうんちくを語る私が先日娘に注意を受けました

宝石のオパールの話をしているとき、「お母さんともあろうものが、パールに「お」をつけるなんて!」と。おパール?

[FUKUSHIMA]