暖かくなりましたね。桜が、つつじにバトンを渡したようです

先日行った、表情筋を鍛えることを目的とした「美と健康のボイササイズ」では、20名の方にお集まりいただきました

そこで感じた事は、意識の高い方はすでに素敵な方が多く、それなのにもっと素敵になるという事

以前行った自治体の研修を思い出しました。希望者参加とすると、きちんとできていて意識の高い方は参加しますが、実際勉強してもらいたいという人は参加しないという

学校の集まりでも、問題のある生徒の保護者は学校へ来ない。あるいは、自分の言い分を言いにだけやってくる

すべてに共通するのは、意識向上心や意識の高い人は、自分をよく知りより上を目指して自分を磨きますが、そうではない人は他人事で、自分の事として考えられない。

教室に来られる方は、皆さん意識が高く、どんどん声も表情も輝きも増していってます

私が研修でよく使うアルファベット語「KIK」

K 気づく(自分のどこがどうなのかを知る)

I 意識する(行動や、言動を意識する)

K 変わる(意識を続けると自然に変わってきます)

自分を客観的に知ることにより、自分自身も変わりますし、他者に対する対応にも変化が現れます。

まずは鏡を見て表情をチェック歩く姿や姿勢も時々チェックしてみて